忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/18 07:42 】 |
検索連動型クリック

このレポートは「ネット広告に関する定期調査」の第10回目の報告である。この定期調査では、検索連動型広告(リスティング広告)やコンテンツ連動型広告を中心に、ネット広告に関するインターネットユーザーの意識の変化を追っていく。

今回の調査対象は全国10代~50代以上のインターネットユーザー1,062人。男女比は男性52.7%、女性47.3%。年齢別は10代16.3%、20代18.3%、30代21.8%、40代16.4%、50代以上27.2%。

まず、検索連動型広告の認知度・浸透度を見てみよう。すべての回答者1,062人に対して「検索サイトで検索結果の右側や上部に表示されている広告リンク(スポンサーリンク・スポンサーサイトなどとして表示:検索連動型広告)をクリックしたことがありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は71.0%(754人)と、過去最大値となった前回の74.2%から3.2ポイントほど低下したが、引き続き7割以上をキープする結果となった。

ではどの程度が購入までいたっているのだろうか。検索連動型広告をクリックしたことのある754人に「検索連動型広告のリンクから商品・サービスを購入したことはありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は16.7%(126人)。「ない」は76.5%(577人)、6.8%(51人)は「わからない」との結果となった。

最後にコンテンツ連動型広告の遭遇率を見よう。すべての回答者に対して「Blog やニュース記事などの内容に合わせた広告を表示する『コンテンツ連動型広告』(Google AdSense など)を見たことがありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は47.6%(506人)と、検索連動型に比べると低い値となった。そのほかは28.1%(298人)が「ない」、24.3%(258人)が「わからない」と答えている。

コンテンツ連動型広告の認知度は、まだまだこれからといえるようだ。
PR
【2010/03/28 20:53 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ネットワールド | ホーム | 新しいコミュニケーション>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>